平成29年第2回定例会が開催されました。

第五小学校の大規模改修工事請負契約やコンビニエンスストアでの住民票等証明書交付実施のための立川市印鑑条例の一部を改正する条例等が議決されました。また改修予定の学校を除く15校を対象に、3年間で順次トイレ改修を行っていく計画が発表されました。
一般質問では下記の3点について行いました。

1.若者の自立支援について

 中学卒業時に不登校の問題を抱えたり、高校進学後進路未決定のまま中退する等様々な困難を抱えている若者が多くいる中、義務教育終了後、自立に悩む若者を支援する自立支援相談窓口の開設を求めました。また児童養護施設を退所した若者に対し、都の自立支援資金貸付事業のスタートと併せ、最も身近な距離にある市として、退所者を応援し希望を与える独自の支援策を講じるよう訴えました。

2.防災マニュアルの見直しについて

 平成24年に作成し全戸配布された「防災ハンドブック」が、あまり活用されていない実情を見据え、市民にもっとわかり易く実践的なマニュアルに刷新するよう訴えました。

3.公共空間としての道路使用について

 立川駅南口周辺に未活用のまま放置されている道路空間を活用した「場づくり」の提案を市民に呼びかけ、まちの価値や魅力向上につなげるよう提案しました。


                      福島正美

○○事務所
○○事務所
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
福耳フクちゃんまっしぐら

この街とともに生まれ変わる・・・・・

福島正美ニュースレター2017年7月号をアップしました

立川文化芸術振興議員連盟を結成しました

まさみ

福島

正美

委員会報告

活動記録

お問い合わせ
2017年1月
2016年12月
2017年11月
2016年10月

2016年9月

議会報告(一般質問)

活動報告
なりたて活動日誌
政策
地方分権改革 について
過去ログ
議会改革について
平成29年第2回定例会報告

2017年第2回定例議会報告

立川市議会議員

新しい立川のまちづくりに真剣です! 持ち前のフットワークで 市政に新・活力を吹き込みます!

<<前のページ | 次のページ>>
2017年7月30日(日)
手作りで迎える羽衣ねぶた祭り

今年も羽衣ねぶた祭りが盛大に行われる予定です。
今や立川を代表するお祭りとして、東京否全国から観光客が訪れます。
今年も地域の皆様の手による手作りでの準備が着々と進められています。私もお手伝いに入りました。.
何よりも目覚ましいのは組み立てや塗装、修復等全て自治会と商店街の皆さんで行っていることです。
今日も祭りのシンボルとなる扇ねぶたの組み立て作業が行われています。
当日を迎えるまでのこれだけの努力があるからこそ、多くの人々が勇壮な羽衣ねぶたの姿に感動を寄せるのだと思います。
まさに男のロマンと誇りをかけた人間ドラマです。

2017年7月22日(土)
盆踊りを各地で開催

真夏の地域の一大行事、盆踊り大会が錦町、羽衣町の各地で開催されました。
各地域の会場にご挨拶回りで訪ねました。各地域、自治会で風景も様々あり、特徴も違います。
焼き鳥や焼きそばを焼く人、音楽をかける人、接待をする人、艶やかに踊りに徹する人、皆で仲良く親睦を深める一日が過ぎました。

2017年7月15日(土)
市民のみなさんと議員との意見交換会

市民の皆様と市議会議員との意見交換会が行われました。
立川市議会では平成26年に「議会基本条例」を策定し、より開かれた議会、市民の声が反映されやすい議会づくりを目指し、常に議会改革に励んでいます。市民の皆様との意見交換会は毎年実施され、今年度は「ごみ問題」と「防災」の2つのテーマを設け、2日間に渡って開催しました。
自由参加の下で行われた会場には10名程の市民の皆様が参加され、積極的な意見交換が行われました。
この場で出された意見は市民からの貴重な声・要望として受け止め、議会としての政策に反映できるようまとめていきたいと思います。
参加していただいた市民の皆様、大変にありがとうございました。

2017年7月9日(日)
立川文化芸術議連で大町市北アルプス国際芸術祭を視察

立川文化芸術振興議員連盟で大町市の北アルプス国際芸術祭を視察しました。
36組のアート作品が自然豊かな市内の山や森、湖や市街地等多様な場所に作成、展示されています。北アルプスの麓大町の自然と地形を愛する専門の芸術家による作品も見事ですが、何よりも感動したのは、住民自身の手によって作られたアート作品です。土地を愛する地域の皆様が知恵を出し合い、時間をかけ悪戦苦闘しながら作られたアートには心を打たれます。
まさに聞くと見るとでは大違い。人知は計り知れないものがあると実感しました。作る人の情熱と使命がひしひしと伝わってくる目覚ましい芸術の数々でした!

2017年7月1日(土)
首都決戦最終日

熾烈な首都決戦が間もなく終わろうとしています。
最終日の今日は午後から公明党推薦の都民ファーストの会、増田一郎候補の応援に立ちました。関西小選挙区選出の若い国重徹衆議院議員が応援に駆け付けました。
その後夕刻から北多摩3区(調布市、狛江市)の中島よしお候補の最終演説の応援に行きました。公明党山口なつお代表の応援演説もありました。
都民の声を真摯に聞いて、真面目に真剣に実行し、結果を出しているのは誰よりも公明党であると改めて実感をしました。支援のご協力をいただいた全ての皆様への感謝とともに、公明党候補23人の全員勝利を期して参ります。

2017年7月1日(土)
錦町子ども会による七夕飾り

今朝は錦町子ども会による例年の七夕飾りを行いました。
りするホールのロビーで子どもたちが短冊に夢や願い事を書いて笹の葉に結わいて行きます。
背の高い勇壮な竹の木が見事に飾られました。