平成29年第4回定例会が開催されました。先進的な内容を持つ「立川市障害のある人もない人もともに暮らしやすいまちをつくる条例」が全会一致で議決されました。一般質問は下記の4点について行いました。

1.立川らしい特長ある自治会応援条例の制定について

 これまで議会で繰り返し主張してきた市民の自治会への加入と参加を促進する自治会応援条例(仮称)の制定作業が現在進められています。地域における自治会の重要性が理解・認識され、同じ地域に住む以上自然と当たり前のように加入が進み、高い理念とともに且つ敷居は低く、親しみ易い条例が作られるよう提言しました。

2.小児初期救急診療の拡充について 

他市との合同による診療日数拡大を求めました。

3.スタンドパイプの地域への早急な配備について

 地域の防災力を高める最も有効なツールであるスタンドパイプについて、現在一次避難所(学校)に保管されている30台を、希望する市民防災組織に早急に転用し配備を進めるよう訴えました。

4.歩行者中心の街並み整備について(南口いろは通りの相互通行化と新デッキの整備)

 近い将来相互通行化による整備が行われる予定の南口いろは通り(市道1級7号線)について、車優先ではなく、あくまで歩行者中心・景観重視の道路整備となるよう求めました。

 

                      福島正美

○○事務所
○○事務所
福耳フクちゃんまっしぐら
<<前のページ | 次のページ>>
2018年1月17日(水)
立川の都市づくりとITのまち構想について発表

たちかわIT交流会よりお招きを受け、「立川の都市づくりとITのまち構想」のテーマでお話をさせていただきました。
先般結成した立川文化芸術議員連盟会長として立川のこれからの都市づくりについて、文化議連設立に至った経緯から、立川のこれからの奥行きと風格を持つ街並みづくりについて、また官民協働による地域経済活性化を目指すオープンデータの提供等について語らせていただきました。
立川のまちのイメージやまちなかの公共空間の活かし方等、立川のまちの魅力を高めるコンテンツについて皆さんと共有し、大きな機運にしていければと思います。参加いただいた皆様、大変にありがとうございました。

2018年1月14日(日)
錦町どんど焼き

錦町の新年を飾るどんど焼きが多摩川河川敷で盛大に開催されました。
風も強く、大きな門松をはじめ、お正月の飾り物も多く集まったので、凄い勢いで煙が立ち昇りました。普段自然の煙を吸う機会もない子どもたちも大はしゃぎです。鎮火後は親子皆んなで串刺しのお団子を焼いて食べました。
甘酒も美味しかったです!

2018年1月24日(水)
新春街頭演説

新年戌年、明けましておめでとうございます。
毎年恒例の公明党立川市議団7人全員揃っての新春街頭演説を地元の高木陽介衆議院議員と共に行いました。
今年も公明党市議団力を合わせ、一生懸命に働き、皆様に喜ばれる市政を実現して参ります。本年もどうか宜しくお願い申し上げます!

この街とともに生まれ変わる・・・・・

福島正美ニュースレター2018年1月号をアップしました

立川文化芸術振興議員連盟を結成しました

まさみ

福島

活動記録

正美


委員会報告
お問い合わせ
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

議会報告(一般質問)
活動報告
なりたて活動日誌
政策
地方分権改革 について
過去ログ
平成29年第4回定例会報告
議会改革について

2017年第4回定例議会報告

立川市議会議員

新しい立川のまちづくりに真剣です! 持ち前のフットワークで 市政に新・活力を吹き込みます!